ARTICLE

ノンケミカル 日焼け止め 使い方ガイド

3rdRock Sunblock(サードロックサンブロック)日焼け止めは、肌色なのでそのままBBクリームとして使えますが、

〇もう少し伸びをよくしたい
〇自分の肌色に近づけたい
〇透明感を出したい
〇テカリをおさえたい

などのお悩みに他のコスメアイテムと一緒に使う方法をガイドします。

コツはどれも少量から始めること。
豊富なオイルの保湿成分と肌を修復して免疫力を上げる成分も入ってますので、
いろいろトライして、自分の肌、その時の体調、季節などに合った使い方を編み出してください。
一緒に使うコスメも自然派にすれば、気軽に石鹸で簡単に落とせます!

伸びを良くするための使い方:化粧水や水と混ぜて
少量の「化粧水」と「日焼け止め」を混ぜて使います。山やアウドドアシーンで化粧水が手に入らなければ「水」でもOK。
ケミカルな成分が入ってないので一般的な日焼け止めより固まり出すのが早いですが、
水分と一緒にすることで塗りやすくなります。
詳しくはFBにアップしました

使い方その1:パウダーで「抑える」または「混ぜる」
日焼け止めを塗った後テカリが気になるようなら、パウダーで抑えるとよいです。
シルクパウダーなど天然のものを使うと夜も石鹸でOFFできます。
シルクパウダーもきちんと透明感が出るよう、お肌の上で細かい粉になるものがオススメ。
フルフリさんのシルクパウダーは品質的にも値段的にもお勧めできます。
アミノ酸で出来ているので保湿力が豊富。化粧水の後にシルクパウダーをはたいて、その後日焼け止めを塗り、
その後またシルクパウダーをはたくという2重使いもさらに透明感が出て、夕方まで長持ちします。
ぜひ試してください。

また、シルクパウダーだけでは肌が白くなってしまうという場合は、
ミネラルなどのカラーパウダーがお勧めです。オークルの色がいい人、ピンク系、ブルー系の色がいい人、様々だと思います。
はたくだけでなく、日焼け止めと混ぜて使うとBBクリームのようになり、ラクに仕上がります。
パウダーが白にしてもカラーにしても、日焼け止め効果のあるものだと、3rdRockの日焼け止めとの相乗効果がうまれます。
3rdRockのSPFがもともと35あるので、SPFは10くらいのもので十分。PAの値も++あれば夏でも効果があるくらいですね。

パウダーの量は少量からためさないと肌の上でだま玉ができてしまうのでご注意を!

使い方その2:リキッドファンデと混ぜる
すでに手持ちのリキッドタイプのファンデーションと混ぜると、自分の肌色に近いBBクリームとなります。
ただし、なかなかナチュラルな成分のリキッドファンデは今のところないので、
夜はクレンジングでしっかり落としてくださいね。

以上が、日焼け止めの「意外な!使い方」でした。
私の場合ですが、冬場は日焼け止めだけだと顔が白っぽくなり、テカるので肌色パウダーと混ぜて使ってます。
夏場は化粧水→日焼け止めのあとパウダーを肌にのせて抑えるだけ。メイクも時短です。
子供の送迎だけしか外出がないと日焼け止めは薄く、その後シルクパウダーなどを使っています。
冬はテカらなかったり、また子供に塗ると(6歳と2歳)テカりが全くないので、
肌や気温、季節の状態などいろいろな要因があるのだなと思います。
自分なりの使いかた、見つかるとイイですね!

サードロックサンブロック日焼止め 詳細ページ