ARTICLE

アウトドアでつかうスキンケア 「森海谷シリーズ」

日やけ止めと化粧水のスキンケアシリーズ 森海谷から
濃縮化粧水「谷」たにが新発売!

濃縮化粧水の「濃縮」?ってなんだろう。ボトルを見れば小さくはなっているけど、化粧水を濃縮、でピンとくるひとは少ないですよね。

濃縮+軽量化

一般の化粧水は、その成分の約95%が水でできています。
「谷」は、その水の重量を極力減らし、肌にイイ成分だけ凝縮して、軽く、小さくしました。

  1. 水分を減らすことにより、軽量化だけでなくパラベンなどの防腐剤を使わないことにも成功。梅干しなどの伝統的な保存食とおなじ原理です。合成の防腐剤を入れてないのに長持ち!!


旅行に行くとき、山に行くとき、化粧水を小さい容器に小分けしたり、個包装のサンプルを集めておいたり、なかなか大変でした。
これなら、ひとつキープしておけば、便利なのは間違いなし!

昔から肌トラブルに使われてきた 「ハーブ」を配合

アウトドアで荒れた肌にも対応できるよう、ハーブを入れ込みました。

ツボクサエキスやイタドリ根エキス、オウゴン根エキス、カンゾウ根エキスなど昔から傷や火傷の肌トラブルにつかわれてきた成分。
防腐剤のほかにも、色素や香料、合成界面活性剤、遺伝子組み換え、環境ホルモンの疑いのあるものは含まないので、肌本来の働きを妨害しない利点もあります。
ケミカルなものは肌の細胞を傷つけることもありますが、肌を良くしていこうとする本来の働きを崩しません。

使い方 How to use

お水とまぜて使います。
だからアウトドアだけでなく、おうちで普段つかいもできます。合わせるのは水道水でもいいのですから!
水道水、ペットボトルの水、沢の水、雪溶け水 なんでもOK。

簡単なのは、顔を洗って、タオルで拭かずに、そのまま手のひらに濃縮化粧水を垂らして顔にパタパタっとつける方法。

濃度は自分の好きなように、カスタマイズできます。

肌が荒れているときは、水分を少なめにする、もしくは化粧水を多めに混ぜる、なども効果的。
スッキリめの感触が好きな人は、「さっぱりタイプ」を買うもよし、「しっとりタイプ」で水分を多くして使うもよし。
季節によって「さっぱりタイプ」「しっとりタイプ」を使い分けてもいいですね。
唇が荒れている時も、化粧水を水分少な目でつける方法もあります。

オーガニックコスメブランド「フルフリ」さんと共同開発

10年以上つづく通販のコスメブランド「フルフリ」さんと一緒に、敏感肌ケアで実績のある成分に絞り、効果は最大にとつくりました。肌の弱い方にも低刺激なんです。

親子で、家族でつかえますね。

工場も、自然派コスメに定評のある日本の工場、クリエイティブコスメラボで製造しています。
デザインは東京は武蔵五日市に住む、kma一級建築士事務所の石井さんに依頼しました。
細か~く見ると、化粧水の台紙に山の罫線をひき、その上の化粧水のボトルと罫線が重なり、罫線の谷間からしずくが滴っているというこだわりのデザイン。容器のイメージカラーも、大地の赤から考えてくれました。

>「谷」たに取扱い店舗はこちら
>STATICBLOOM Online Shop