ARTICLE

CRUX ダウンシリーズ

CRUX Down Series
クラックスのダウンシリーズが2019年にリリースされました

 

ケブラー素材をつかった丈夫な完全防水バックパックからはじまったブランドですが、
実はかなり前から寝袋やテントもつくっているんです。

その技術と調達を生かしてCRUXらしいダウンシリーズが誕生。

 

ミドルレイヤーできるものから
eVentをシェルに採用した
エクスペディション用まで
機能と細部に拘った8つの商品群になっています。

軽量モデルから順に
インナー向け  PROTO、 AERO、
単体使い用で NEO、 HALO、 RIMO、PYRO、 MAGMA(with eVent)、PLASMA
特にアルパイン向けなのが RIMO PYRO MAGMA PLASMA

全てお勧めなのですが
一番、活躍の場が多いと思われるモデルをご紹介します

 

HALO (ハロ)
ポーランド産グースダウン900FPという綿量のダウンを使いながら、
軽量性(315g)と機能面のバランスが抜群です。
ダブルジッパー、ジッパーが生地を噛まないための補強テープ、裾調整、インナーポケットなど機能充実。
ハーネス対応を考えてウエスト周りはスリムなアスレチックフィットで、肩や腕輪回しやすい。
着丈は少し長めで腰からお尻を多い、細めで体にフィットすることで、冷気の侵入防止とダブつきを無くしています。

冬季のアルパインクライミング、BC山行、クライミング、ボルダーなどで使いやすいと思います。
保温一辺倒ではなく、山で使う事を意識したダウンジャケット。

個人的に気に入っているところは、コンパクトになることと、お尻まで覆ってくれるところ。
使いやすいフォルムになっています。

 

RIMO (リモ)
とにかく厚手
クラックスダウンシリーズで最も綿量が多く暖かい極上ダウン
ポーランド産グースダウンを275gをつかい、M寸で650g
表地・裏地共にパーテックスエンデュランスの素材をつかっているので超撥水。
ハードシェルの上に着てもダウンが濡れないように、内側にも撥水加工。
なんともテクニカルです。

テクニカルといえば、極暖の理由もテクニカル。

表の縫い目が裏の縫い目と同一である
シングルステッチ構造では、
縫い目からの熱逃げが発生するが
リモはボックスコンストラクション。

箱状の仕切りにダウンを詰め込む作り方なので、
ダウンバッフルも押しつぶされにくく、
非常に暖かい肉厚感のあるダウンジャケットを実現できます。

この方法は、寝袋にも使われています

だから着心地は、ダウンとのフィット感がたまらない一着
まさに、寝袋に包まれている感じです。

身体に吸い付く感じ、味わってほしいです。

ボルダー、ビレイパーカや冬季登攀、アイスクライミング、テン場など活躍の場が広い。

 

さいごにもう1点だけご紹介。

 

Neo Top (ネオ)

ダウンプルオーバー

HALOより軽量でハーフジップタイプ。
ハンドポケットは左右が繋がっているトンネル式で大容量です。

ダウン量は減らしても
プルオーバースタイルは「保温性」の面では優位にありますので、
軽さも暖かさも重視したい人には要チェックかと思います。

ダウンはやはり、ポーランド産グース900FP。
ぱさっと被って、ポケットには帽子やグローブ、小物もごっそり入れてハイキングや、テン場周りでも便利。
もちろん、山の往復などアプローチでもお使いください。

Onlineでまだ全スタイルは展開していませんが、
Onlineにないスタイルについては、CRUX取扱店もぜひチェックしてください(詳しい在庫は各店へ!)
SNSなどでも少しずつ紹介していきたいと思います。
Online Shop CRUXダウン